OBSとKeynoteを使って、解説のYouTubeを作りましょう。

乳がんのことのわかりやすいYouTubeを作って、みんなに見てもらおうと作っています。簡単な作り方を紹介します。

①スライドを作る。アップルのキーノートで作ったので、OBSでスライドショーは使えません。

②OBSに貼るためのタイトルを作る。パワポで作って、画面コピーでpngファイルにしました。

③OBSで、動画とモニター画面(スライド)を結合させ、タイトルを貼ります。右に動画、左にモニター画面にして、動画を上にするとスライドの。上の隙間を埋めるのにタイトルを作りました。

OBSの使い方

写真上:ダブルモニターの右のモニター。キーノート。

写真中:OBS画面にキーノートを入れたところ。

写真下:iPoneの画面とタイトルを載せた。

右画面はKeynoteを出しておきます。右側のスライドが見えたままでも隠すことが出来ます。(上)

OBSの画面の下のソースのところで+を押して画面キャプチャでダブルモニターの右画面をキャプチャーします。(中)

映像キャプチャデバイスで、epoccamを使って取り込んだiPhoneSE2のインカメを出します。タイトルは、作っておいたものを画像というものでPCのファイルを指定します。上から順に前面に出てくるので、今回はタイトルが一番上で、次に動画、その後でスライドにして、スライド横のスライドのサムネイルがモニター上で見えるようにしました。これで構成のできあがりです。(下)

後は、試し撮りを繰り返して、音声のボリュームをコントロールして、録画開始です。僕は全く、編集なしでやりました。

使っている機材

カメラ:iPhone SE2

マイク:RODEワイヤレスGO  ミキサー:YAMAH AG3

動画を作るアプリ:OBSダウンロードサイト(無料)

関連記事一覧

PAGE TOP